松原正和プロフィール

松原産業代表取締役松原正和

松原産業代表取締役
松原正和

前の月に戻る 2010年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のエントリー

カテゴリー

月別アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック

松原産業株式会社 松原産業株式会社 Webサイトはこちら

松原正和のブログ フェアウェイのトップページ

厳しい時代の幕開けとともに・・・

 皆様お久しぶりでございます。約1年も更新せずに放置してしまい、申し訳ございません。

 それでもこちらをチェックして頂いている方もいらっしゃるようで、嬉しい限りです。


 さて、前回の更新から気が付けば1年と申し上げましたが、今年も新たに新入社員を迎えることが出来ました。不安ばかりが大きくなるような現在において、新入社員という存在は、まさに「希望の光」であると思います。先日無事に入社式を済ませ、今は各部署にて研修に励んでいることと思います。

 私から新入社員に伝えたことは「分からないことがあれば遠慮せずに素直に先輩に聞く」ということなどです。失敗が許されるのは、何も知らない新人の特権であります。ぜひとも、失敗を恐れず、果敢にチャレンジして欲しいと思います。

 さて、社会全体に目を向けてみますと、昨年、一昨年と大きく経済情勢含め、多くの変化が起きました。そして現在、我々木材を生業とする業界に向けても、一つの大きな変化の兆しが見えております。


 昨年より誕生した現政権の方針として、大々的に「コンクリートから人へ」という政策を謳っており、そして多くの関連事業が予算計上されているのは皆様ご承知の通りかと思います。

 今後は、今までの我々業界とは全く関係のない先から、新しい方針を受けて新たな要求が、突如起こってくることも予想される、そんな時代に突入したのかなと思っております。


 そのような時代の中で、最終的に重要になってくるのは、人と人との信頼関係、そこが重要であり、商売もそこから生まれてくるものと思います。

 そこで、今期の松原産業として以下の経営方針を掲げることにしました。


『信頼される会社になろう』
 〜全ては人と人との信頼から始まる〜
 〜そこから商売は発生するもの〜


 戦略として「静から動へ」と掲げさせて頂きました。現状の環境分析を踏まえ、今年はとことん住宅分野とその関連にこだわり抜こうという意思表示と、それに向けた具体的な各部署毎の目標なり政策を各部署で取りまとめ、今期の最後に、何かしらの成果を残せる一年としていきたい所存でございます。


 私個人としましては、平成20年より北海道木材産業協同組合連合会の会長を拝命しましてより、本年はその事業の一環として、全国木材産業協同組合連合会の全国大会を札幌の地で開催することとなり、自身に課せられた使命の重さを日増しに感じている次第でございます。


 弊社の今年の目標にもあるとおり、信頼される会長として、そして、新たな方向へ業界を動かすべく、職責を全うしたい所存でございます。


平成22年4月6日
松原産業株式会社
代表取締役 松原 正和

  • 2010年04月06日 14:56
  • 投稿者:松原正和
このエントリーのトラックバックURL
http://matsubarasangyo.co.jp/mt/mt-tb.cgi/90

このエントリーへのコメント数 (0)

コメントを投稿する

(いままでコメントをされたことが無いときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがございます。承認されるまではコメントは表示されません。)